FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後期高齢者医療制度はどこが違う?

 日本では医療費のかかるお年寄りが増え、それを支える若者たちが減りつつあります。このような状況をふまえ、医療費の適正化(節約)を図り、高齢者にも応分の負担をしていただくことを目的に、後期高齢者医療制度(長寿医療制度)は新設されました。

 この医療制度の対象は、75歳以上の高齢者と65歳~74歳で「障害」を持つ方です。都道府県ごとに作られた「後期高齢者医療広域連合」が運営します。75歳になれば原則として全員が被保険者となり、これ以外の公的保険制度には加入できません。

 これまで、会社員の扶養家族となっている高齢者は保険料を負担する必要はありませんでしたが、4月から75歳以上の加入者は全員、保険料を支払うことになります。保険料は都道府県単位で設定し、医療費が増えると保険料も値上げすることができる仕組みとなっています。保険料は、これまでの制度より高くなる場合も安くなる場合もありますが、いずれにしても介護保険料とともに原則として年金から天引きされます。窓口での支払額はこれまでと同様1割(現役並みの所得者は3割)です。
 今までの制度は、患者さんの受診回数、検査や投薬などの診療内容に応じて診療報酬(医療機関に支払われる代金)が決まる「出来高制」で、病気の種類に応じて複数の医師の診療を受けることが可能でした。後期高齢者医療制度では、ひとりの医師が担当した高齢者の慢性疾患(糖尿病、高血圧症、脳卒中、認知症など)をすべて管理し、X線検査や血液検査、傷の手当てなどをしても、一定の限度額以上は支払われない「定額制」も導入されました。患者さんは出来高制と定額制のどちらを選択してもかまわないことになっていますが、受けられる医療の中身に微妙な違いが出る可能性があります。

 多くの高齢者は各科にまたがる多様な病気をかかえている場合が多く、ひとりの医師だけでできることには限りがあります。適切な診療がいつでもどこでも受けられるような仕組みとすることが求められます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
プロフィール

miyoshiiin

Author:miyoshiiin
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-23-47 
予約 03-5337-9871
FAX 03-5337-9861
http://miyoshiiin.com

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。