FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンゴ病って何ですか?

 ヒトパルボウィルスB19が喉や鼻から入って起こる伝染性紅斑という小学生がかかりやすい伝染病です。両頬がリンゴのように赤くなることより、「リンゴ病」とも言われています。また、手足がレース模様に赤くなったり、体にも発疹が出ることがありますが、約一週間で消失します。合併症はほとんどありません。しかし妊婦が感染すると流産することがあり、血液の病気を持っている人が感染すると貧血が強くなることがあります。全身状態は良く、治療は特に必要ありません。

 なお、発疹が出る頃には、ウィルスは最盛期を過ぎて伝染力は失われているため、学校を休ませる必要はありません。

 一度かかれば二度とかかりませんが、一度消えた頬の赤みが、日光や精神的なストレスでまた出てくることもあります。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
プロフィール

miyoshiiin

Author:miyoshiiin
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-23-47 
予約 03-5337-9871
FAX 03-5337-9861
http://miyoshiiin.com

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。