FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症になったら、こんな食べ物にご注意!

All About健康医療より転載

花粉症は、スギだけでなくマツ、ブタクサなど、人によりアレルゲンは様々です。花粉を鼻や喉、目から体内に取り込むと、カラダの免疫機能が反応して「抗体」をつくり、再び花粉が吸い込まれると異物として「抗体」が反応し、ヒスタミンなどの物質を放出します。ヒスタミンによって、神経や粘膜の血管が刺激されて、くしゃみ、鼻水、かゆみ、結膜炎などの症状が現れます。

アレルギー体質の人は、花粉症になる可能性が高いのですが、アレルギー体質でない人も長年花粉を取り込んで、カラダの一定の許容量を超えると、突然花粉症が発症する可能性はあります。

花粉症の人が増えている原因は、戦後スギを植林してスギの花粉飛散量が増えたこともあるのですが、食生活の問題、大気汚染、ストレスの増大なども影響していると言われています。

免疫機能がうまく働かないと発症しやすい

食生活の問題とは何か、についてご説明しましょう。花粉症のアレルゲンは、花粉ですから、何か食べ物の原因で発症することはありません。けれども、仕事が忙しくて、睡眠不足、ストレスがたまっている、食事がきちんととれない、などの生活リズムが崩れたり、食生活が乱れて栄養が偏ったりすると、自律神経が乱れて免疫機能がスムーズに働かず、そんな時に花粉症の症状が出たり、ひどくなったりします。

もちろんこれは花粉症に限らず、睡眠不足や食事が不規則がちな時に、風邪をひいたり、喘息が出たり、疲れ目がひどくなるなど、自分の弱い部分に出てしまうのです。ですから、自分のカラダの声をよく聞いて、ひどくなる前に、生活を見直しカラダをケアすることが大切ですね。

高タンパク・高脂質の食事との関係

昭和40年代以降、日本人の食生活は欧米化が進み、肉類の摂取量が増えて高タンパク・高カロリーの傾向になってきました。そのような食生活の変化と、花粉症の増加の関連性が指摘されています。

もちろん脂肪の多い肉類はアレルゲンではないので、食べてすぐに花粉症が発症するというのではなく、長い期間にわたって、高タンパク・高カロリーな食生活を続けていると、花粉症になりやすいと言われています。また、加工食品などに含まれる食品添加物なども、花粉症などのアレルギーに影響するのではないかと言われています。

花粉症の症状がでたら、できるだけ高カロリーになりがちなファーストフードの食事や加工品などは控えめに、そして幅広い食べ物から様々な栄養素や成分がとれる食事を心がけてください。

タンパク質はとってはいけないの?

栄養のバランスよくと言っても、なかなかわかりにくいものですよね。もう少し具体的にご説明しましょう。

タンパク質は、免疫機能を高めるためにも必要な栄養素なのですが、とりすぎると免疫機能が過剰に働いて、症状がひどく出てしまうようです。花粉症が気になる季節、また症状が出たら、脂肪の多い肉類は避けて、赤身肉やささみ、また魚などを食べましょう。青魚などに多く含まれている不飽和脂肪酸のEPAやDHAは、アレルギー症状を抑える働きがあることも知られています。
ビタミンやミネラルなどはカラダの機能をスムーズに働かせるのには欠かせません。特にビタミンB6は、免疫機能を正常に維持するのに必要で、不足するとアレルギーが出やすくなると言われます。また花粉症の症状である鼻や眼の粘膜の炎症、かゆみは、活性酸素が増えるとひどくなります。ビタミンCやビタミンA、ビタミンEなどは、抗酸化作用のある栄養素です。

ミネラルの亜鉛は、不足すると、免疫機能が低下します。加工食品の中に使われる添加物の中には、亜鉛の吸収を邪魔するものもあります。また添加物を多く摂取するほど、体内で活性酸素を増やし、活性酸素は花粉症にも影響すると言われます。

もちろんたまに便利な加工品を使うことが悪いとか、食べればすぐに花粉症になるというのではなく、どうしても加工品ばかりに頼ると、生鮮食品を食べるのと違って、栄養素が不足したり、偏りがちですから、気をつけた方がよいということです。

もし外食や市販の総菜を買うにしても、洋食と比べて脂質が少ない和食の定食(ごはんを主食に、主菜、副菜と様々な料理の組み合わせ)がおすすめです。鶏からあげのような、主菜のカロリーが多いものより、サバの煮付けの定食などに、さらにもう1品青菜のお浸しや、海草の酢の物等を追加する位、野菜や海草などを意識してとった方がよいでしょう。

甘いものも控えめに

ケーキやアイスクリームなどの甘い食べ物は食べ過ぎると、炎症を起こしやすくなるといいます。食養生でも、甘いものや冷たい食べ物は「陰性」と言って、カラダを冷やすので、血行を悪くし症状を悪化させると言われます。確かに、カラダを冷えると、免疫力が低下する事にもつながります。

私自身も、娘に母乳をあたえていた時に、娘がアトピー性湿疹がひどく、食養生をしていました。1年ほど甘いものをできるだけ控えていましたが、控えた方がグチュグチュした湿疹はましでしたし、私もひどい冷えが解消されていたのは、印象的なことでした。(もちろん個人差はあると思いますが)

お菓子の他にも、コーヒーや南国の果物、アイスクリーム、牛乳などもカラダを冷やす傾向があるので、症状がひどい時は注意してみてください。

アルコール,香辛料は控えめに

唐辛子などの辛みの強い香辛料をたっぷり使った食品やアルコールなどはそのもので花粉症を引き起こすものではありませんが、粘膜の毛細血管を刺激して、鼻水がひどくなることもあります。最近は、花粉症に有効だというアルコールも売れているようですが、やはり、アルコールですから、ほどほどに、というのが現実的だと思います。

また、タバコの煙に含まれる有害物質も鼻の粘膜を刺激し、体内の活性酸素を増やし、花粉症の症状を悪化させてしまう。自分だけではなく、周りにいる人のためにもぜひタバコは控えましょう。

果物には、ひどく反応することが・・・

野菜や果物にはビタミンやミネラル、また活性酸素を除去する抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているとはいえ、キーウィフルーツ、メロンなどの果物を食べた後に口や喉の内側がかゆくなったり、腫れたりする人もいるなど、個人差もありますので、注意してください。

リノール酸のとり過ぎにも注意

植物油に含まれているリノール酸は、以前コレステロールを下げる作用があると言われ、注目されていた脂肪酸ですが、とり過ぎると、アレルギー症状を促進するということが分っています。

リノール酸は、必須脂肪酸といい、カラダにはなくてはならない栄養素ですが、現代人はとりずきる傾向がありますので、揚げ物やマヨネーズ、ドレッシング類など植物油を多く使った料理を食べ過ぎないように、気をつけましょう。

アレルギー予防に役立つ脂肪酸としてはα-リノレン酸で、体内でEPAやDHAに代謝されます。α-リノレン酸は、しそやフラックスシードの油に含まれていますが、たいへん酸化しやすいので、加熱しないでサラダなどのドレッシングで使う方が向いています。

民間療法の効果は?

花粉症を初め、アレルギーなどは慢性的な疾患なので、民間医療を利用する人が増えています。厚生労働省で、民間医療でどのようなものを利用しているか、またその効果が感じられたかどうかをアンケート調査してまとめています。

もちろん患者自身の評価で科学的検証ではありませんが、有効率が高いものでも、逆に効果を認めなかったとする率が高いものもあります。また気をつけないと行けないのは、鼻スチーム療法は温度を守れば副作用もなく、薬物治療を受けたくない妊婦さんなどには一時的効果は期待されますが、なかにはリバウンド現象で一過性に鼻閉が強くなる方もいるそうで、利用時に注意が必要なものもあります。

サプリメントや民間医療を利用される場合には、参考になさるとよいと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
プロフィール

miyoshiiin

Author:miyoshiiin
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-23-47 
予約 03-5337-9871
FAX 03-5337-9861
http://miyoshiiin.com

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。