FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保険中央総合病院平成26年4月1日より名称変更

 社会保険中央総合病院の名称は平成 26 年 4 月 1 日より、独立行政法人地域医療機能推進機構 東京山手メディカルセンター(仮称)に変わります。

 病院の運営移管と新病院名のお知らせは下記のようになります。

 社会保険病院と厚生年金病院、船員保険病院の3つの病院グループは、平成26年4月より、独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構が改組されて発足する独立行政法人地域医療機能推進機構(Japan Community Health care Organization:JCHOジェイコー)(以下、「新機構」)に運営が移管され、新たな公的病院グループとして発足します。
 私どもの属する社会保険病院は、戦後間もない時期に保険診療が日本国内に充分行き渡らない点を解消するなどの目的で設立されました。さらに平成9年6月には、「今後の政府管掌健康保険保健福祉事業の在り方について」が報告され、社会保険診療に係る新たな取組を率先して行い、社会保険診療の充実発展に寄与することが、その存続意義として加えられ、診療報酬におけるDPC制度などに積極的に取り組んできました。また、平成15年からは、医療機器や設備に対しての一切の補助金がなくなり、自主独立した経営方針のもとでの、運営もしてまいりました。

 新機構の新たな使命は、わが国が、近い将来には未曾有の高齢化社会となり、人々は複数の疾患を抱え、身体機能の低下と共に認知症なども新たな課題となり、医療ニーズは益々多様化することから、「地域医療、地域包括ケア連携の『要』として、高齢化社会に於ける地域住民の多様なニーズに応え、人々の生活を支える」となりました。これを果たすため、幅の広い診療能力を持つ“総合医”の養成に積極的に関与し、専門医との協働及び連携強化によりシームレスな地域医療の構築に向け貢献し、さらに医師会や市区町村等の自治体と協働し、住民が安心して暮らせる地域包括ケア実現に積極的に寄与するとの基本方針も設定されました。

 もちろん、これまでに当院が果たしてきた地域のニーズに合わせた医療機能の提供、全国的にも知られた炎症性腸疾患や肛門疾患をはじめとした急性期医療等はそのまま継続してゆきます。そして、地域における連携を強化し、5疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患)、5事業(救急医療、災害医療、へき地医療、周産期医療、小児医療)をはじめ地域住民の多様なニーズに応え、地域医療、地域包括ケアの充実に一層貢献いたします。

 長年慣れ親しんでいただきました社会保険中央総合病院の名称は使えなくなりますが、当院の地域における役割をこれまで以上に果たして行く所存ですので、今後ともご支援ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

(http://www.shahochu.com/p_newbyoinmei.htmより転載)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
プロフィール

miyoshiiin

Author:miyoshiiin
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-23-47 
予約 03-5337-9871
FAX 03-5337-9861
http://miyoshiiin.com

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。