スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱中症を疑ったときには何をするべきか

現場での応急措置
熱中症を疑った時には、死に直面した緊急事態であることをまず認識しなければなりません。重症
の場合は救急隊を呼ぶことはもとより、現場ですぐに体を冷やし始めることが必要です。
熱中症を疑ったときには何をするべきか
1 涼しい環境への避難
風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内などに避難させましょう。
2 脱衣と冷却
・衣服を脱がせて、体から熱の放散を助けます。
・露出させた皮膚に水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やしま
す。
・氷嚢などがあれば、それを頚部、腋窩部(脇の下)、鼠径部(大腿の付け根、股関節部)
に当てて皮膚の直下を流れている血液を冷やすことも有効です。
・深部体温で40°Cを超えると全身痙攣(全身をひきつける)、血液凝固障害(血液
が固まらない)などの症状も現れます。
・体温の冷却はできるだけ早く行う必要があります。重症者を救命できるかどうか
は、いかに早く体温を下げることができるかにかかっています。
・救急隊を要請したとしても、救急隊の到着前から冷却を開始することが求められ
ます。

(http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual/2-3.pdfより転載)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
プロフィール

miyoshiiin

Author:miyoshiiin
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-23-47 
予約 03-5337-9871
FAX 03-5337-9861
http://miyoshiiin.com

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。