FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混合診療とは

現在の日本における保険制度では、平等な医療を提供するために、範囲外の診療費を徴収することを禁止している。このため、範囲外の診療費を徴収する場合には健康保険が適用されず、全額自己負担となる。即ち、保険診療と自由診療の併用は原則的に認められていない。

今日議論になっている「混合診療」とは、健康保険の範囲内の分は健康保険で賄い、範囲外の分を患者さんが医療機関に支払うというもので、規制改革・民間開放推進会議では、「患者本位の医療」を実現する観点から、通常の保険内診療分の保険による費用負担を認めるよう、次のような具体例をあげて、解禁することを強く求めている。

混合診療が容認されるべき具体例
(規制改革・民間開放会議「中間とりまとめ」平成16年8月3日)
1.専門医の間で効果が認知されている新しい検査法、薬、治療法・ 有効性が認められる抗癌剤など医薬品の保険適応外の症例への使用
保険未収載の確立された治療法の実施
保険未収載(未承認)の医療材料の術中使用 等

2.一連の診療行為の中で行う予防的な処置、保険適用回数等に制限がある検査
入院中患者が行う検査・検診(心臓病患者の希望する胃検診等)
老齢者に対する肺炎球菌ワクチン予防接種(疾病治療時に患者が希望した場合)
分娩前の脊椎二分症等予防のための葉酸服用(疾病で入院中の妊婦に対する予防的処置)
ピロリ菌の除菌(3クール目以降の除菌)
腫瘍マーカー(月1回を超える腫瘍マーカー検査)

3.患者の価値観により左右される診療行為
乳癌治療により摘出された乳房の再建術(同時手術/一連の手術の乳房再建部分)
舌癌摘除後の形成術(同時手術/一連の手術の再建部分)
PPH法による痔治療[自動縫合機による直腸粘膜切除術] (早期退院/保険適用するまでの避難的な措置)
子宮筋腫の動脈閉栓療法(早期退院/保険適用するまでの避難的な措置)
盲腸ポート手術(保険適用するまでの避難的な措置)
4.診療行為に付帯するサービス

外国人患者のための通訳(病院が用意した場合の通訳)
国の基準を超える医師・看護師等の手厚い配置(基準を超える部分の人員サービス分)

(http://www.watarase.ne.jp/aponet/keywords/kongoushinryou/page1.htmlより転載)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
プロフィール

miyoshiiin

Author:miyoshiiin
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-23-47 
予約 03-5337-9871
FAX 03-5337-9861
http://miyoshiiin.com

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。