スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザと風邪ってどこが違う?

インフルエンザは風邪の一種

風邪とは、鼻やのどに急性の炎症が起こった状態のこと。風邪の主な原因はウイルスで、その種類は何百とある。インフルエンザは風邪の症状を起こすウイルスの一種なのである。また、ウイルスのほかにも細菌やマイコプラズマなどの微生物が原因になることもある。
これらの病原体は、つば(唾液)と共に空中に飛び散って感染する(飛まつ感染)。

インフルエンザの特徴は

インフルエンザのウイルスは、風邪の他のウイルスとはまったく違うものだが、症状を見るだけで区別するのは難しい。特徴のひとつは突然の高熱、のどの痛み、筋肉痛など。もちろん、ほかにも鼻水や嘔吐下痢など風邪と同じ症状が出ることもある。インフルエンザのこわい点は、気管支炎や肺炎、中耳炎を起こす原因になる点。乳幼児が肺炎にかかると命にかかわることもある。
しかし、普通の風邪でも高熱が出るケースもあるので、地域ではやっているなどの情報がないと、医師でもインフルエンザと診断するのは難しいようだ。病院に行って風邪と診断され、薬をもらった後も症状が改善しないようなら、再度医師に診てもらうことをお勧めしたい。

インフルエンザの予防接種とは?

予防接種は1回で終わりではない
インフルエンザの感染の予防、また、万一感染しても軽くすむのに有効なのが予防接種だといわれている。しかし、インフルエンザの予防接種は1回で一生効果があるものではない。インフルエンザのウイルスには多様な種類があり、すべてに対抗できるワクチンは作れないからだ。現在インフルエンザのワクチンは、毎年、“その年にはやりそうなウイルスの型”を予測し、それに対抗するものが作られているのである。つまり、予防接種でインフルエンザを防ごうとするのなら、毎年接種する必要があるのだ。
もちろん、予測した型と実際に流行するインフルエンザの型とが異なることもある。しかし、毎年予防接種を受けている人は、免疫が蓄積するので、かかった場合でも軽くすむケースが多いようだ。

鶏卵、ゼラチンにアレルギーのある子は注意!!

予防接種の副反応は、ごくまれに発熱や頭痛がある程度で、特に心配はない。しかし、ワクチンには 鶏卵やゼラチンが含まれているので、アレルギーのある赤ちゃん、子どもの場合は接種前に医師に相談しよう。

(http://www.health.ne.jp/library/3000/w3000582.htmlより転載)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

恵藤憲二朗です

これはいいですね
ブログ内検索
プロフィール

miyoshiiin

Author:miyoshiiin
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-23-47 
予約 03-5337-9871
FAX 03-5337-9861
http://miyoshiiin.com

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
QRコード
QRコード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。