スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども用薬の開発進めよう 小児医療機関27施設が連携

子ども向けの薬の開発を進めるため、全国27の小児医療専門機関が「小児治験ネットワーク」を立ち上げた。子どもは患者数が少ないため、製薬企業は開発に及び腰で、7割の薬は、大人向けの量を適当に減らすなどして使われている。同じ薬でも、大人と子どもでは安全性や効果が異なり、子ども向けの臨床試験(治験)の必要性が指摘されていた。

 ネットワークは、国立成育医療研究センター、大阪府立母子保健総合医療センターなど27施設で発足した。製薬企業が治験を行いやすい環境作りを目指す。

 国立成育医療研究センターを窓口にして、治験の事務手続きを簡略化。複数の病院が共同で治験を行うことで、参加する患者を短期間に集めやすくする。早ければ、年明けにも共同で治験を行う。

(http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY201110180169.htmlより転載)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
プロフィール

miyoshiiin

Author:miyoshiiin
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-23-47 
予約 03-5337-9871
FAX 03-5337-9861
http://miyoshiiin.com

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。