FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水虫ってなに?

水虫は足の裏や足の指の間、手のひらにカビが寄生して起こる病気です。カビのことを学術的に「真菌」と呼び、真菌が原因でおこる病気を真菌症と言います。

皮ふに寄生する真菌にはさまざまな種類がありますが、その中で皮ふの角質層に寄生するカビに皮ふ糸状菌と呼ばれるものがあり、その代表的なものが白癬菌です。 白癬菌によって起こる病気を総称して「白癬」と呼び、水虫は白癬の一種なのです。

白癬菌は皮ふや毛髪を構成する成分のケラチンを好み、ケラチン組織であれば体のどの部分にも寄生する可能性があります。その中で足にできる白癬を足白癬と呼び、一般的に水虫と呼ばれています。

感染を予防するためには、家の中や、床などの素足で接触する部分は清潔に保ち、環境の中の白癬菌を減らすことが大切です。 家だけでなくスポーツジムや浴場など、裸足になる場所でも感染の可能性があります。

また、白癬菌の中には、人間だけではなく動物にも寄生するものもあり、 飼っているペット(犬や猫など)からうつるケースも報告されています。 とくに、猫からのケースが多いといわれています。

水虫予防のための日常生活での注意点

毎日、石鹸で足を洗いましょう。

白癬菌が角質層に侵入するのに1日くらいかかると言われています。 仮に落屑などにいる白癬菌が皮ふに付着しても、角質層の中に侵入する前に洗い流すことで感染予防ができます。

毎日同じ靴をはかずに何足かを交互にはきましょう。

白癬菌は高温多湿な環境で繁殖します。 蒸れにくく、爪に負担をかけない靴をはき、靴はときどき陰干しし、湿気を取り除きましょう。

家族に水虫患者がいる場合はバスマットやスリッパは別々にしましょう。

バスマットやスリッパは湿度も温度も白癬菌が増殖しやすい環境にありますので、共用することは感染する機会を増やします。 別々のものを用意しましょう。

家族に複数の水虫患者がいる場合には家族全員で治療しましょう。

一人だけが治っても、他に患者がいると家庭内には白癬菌が散布され続けますので、再感染する危険性があります。 きちんと家族全員で治療することが大切です。

床掃除はこまめにしましょう。

白癬菌は落屑の中でケラチンを栄養源として時には数週間生きられるともいわれています。 床や畳、カーペットをこまめに掃除して清潔を保ちましょう。(http://www.lamisil-at.jp/knowledge/prevention.htmlより転載)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
プロフィール

miyoshiiin

Author:miyoshiiin
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-23-47 
予約 03-5337-9871
FAX 03-5337-9861
http://miyoshiiin.com

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。