FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康診断受診時のNG

健康診断を活用していただくために

健康診断を活用して頂くためには、前日、当日に注意して頂きたい意外に知られていないポイントがあります。
健康維持、疾病予防、早期発見のために健康診断をまず受けることが大切。毎日、忙しい中で自分の健康という大きな問題に向き合う時間を作ることがなくては始まりません。
そして、それらの結果を上手に活かすこと。健康診断の結果用紙には、検査結果とともに医師からのメッセージが、添えられています。3ヶ月後再検査とか、医療機関で精密検査をというようなアドバイスがあれば、やはりそれに従って行動に移して頂きたいと思います。
ただ、意外に忘れられているのが、健康診断を効果的、効率的に受ける準備。ここがぶれていては、健康診断の結果の信頼性が揺らぐこともあります。今回は、健康診断を活用するための準備についてお話ししましょう。

前日、当日の食事に注意

いつもはしっかり食べている朝食。しかし、健康診断の朝だけは、少量の水のみに留めましょう。いつも飲んでいるお薬については医師にお尋ねになり指示を仰いで下さい。
前日や検査当日の食事については色々と注意があると思います。
まず、基本として前日の極端な飲み過ぎ、食べ過ぎはやめましょう。当日の体調不良などにもつながりかねません。体調を整えて心静かに受けるということが重要かと思います。

次に、採血検査はほとんどすべての健康診断で実施されますが、特に血糖値をチェックする場合には朝食は絶食で臨まれるようにして下さい。血糖値の基準値は「空腹時血糖」が基本になっています。食後の血糖は誰しも高くなります(もちろん許容範囲はありますが)ので、朝食を召し上がって採血した場合には、本当は食後の血糖としては正常なのに、「空腹時」としては「血糖値が高い」と判定される可能性があります。また、糖分を含むような飲み物やゼリーも同様に検査結果がぶれてしまうので避けて下さい。

また、胃カメラや胃のバリウム検査を行う場合にも、食事があると胃の中にそれらが残ってしまい、胃の粘膜表面がきちんと観察できないケースがありますので注意が必要です。

さらに、大腸カメラや大腸バリウム検査を行う場合には、前日からの食事の指示(施設ごとに文書が作られています)と下剤の服用をきちんと行いましょう。検査前の処置がきちんと行われていないと、やはり、大腸の粘膜表面がきちんと観察できないケースがあります。

当日の服装にも要注意

あと、意外に忘れがちなのが当日の服装。レントゲン、超音波、胸部・腹部の聴診、触診など衣服を着脱する必要がある検査は意外に多いものです。男性の場合には、あまり問題になることはありませんが、女性の場合にはちょっと注意が必要です。
私自身、健康診断にお越しになった方で、補整下着(ボディスーツ)を着用されていた方の診察やレントゲン撮影に、かなり難渋(ご本人が)したケースを経験したことがあります。また、検診センターによっては上着だけ検診衣に着替えるというところもあるのですが、こういったところではワンピースだと困ってしまうというケースがあります。
もちろん、そういう時のために浴衣型の検診衣が用意されている場合がほとんどですが、いくつかの場合を想定し柔軟に対応できる服装でお出かけ下さい。

あとは、平常通りの生活を

よく「来月健康診断なので、今、節制しています」というお話しをお伺いします。それがずっと続けば良いのですが、健康診断直前だけ極端に節制し、それが終わったら、暴飲暴食、というのはもちろんよろしくありません。
平常通りの生活をしつつ、定期的に健康診断を正しく準備して受けること。これが、健康診断を効果的・効率的に受けるためのポイントです。

(http://allabout.co.jp/gm/gc/389990/より転載)
スポンサーサイト

蜂巣炎(蜂窩織炎)

ほうそうえんほうかしきえん【蜂巣炎(蜂窩織炎) Cellulitis】

[どんな病気か]
 
皮膚の深い層から皮下脂肪(ひかしぼう)組織にかけて、急速に、水平に広がる感染症です。黄色(おうしょく)ブドウ球菌(きゅうきん)、化膿(かのう)レンサ球菌のほか、いろいろな細菌の感染でおこります。小さな外傷が誘因となります。もっともよくできるのは下肢(かし)ですが、ほかのところにもできます。
 
広い範囲が赤く腫(は)れ、熱感とさまざまの程度の痛みがあります。発熱やだるさもありますが、あまり激しいものではありません。
 
もし、著しい倦怠感(けんたいかん)、激烈な関節痛と筋肉痛、高熱があり、病変部が赤紫色に腫(は)れ、水ぶくれなどができたときには、すぐに手術をして病変部を郭清(かくせい)(きれいになるまで掻(か)き取る)しなくてはなりません。壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)という重い病気の危険があるからです。

[治療]
 
安静にして、抗生物質を内服します。症状が強いときは注射にかえます。壊死性筋膜炎の疑いがあるときは、設備の整った病院に入院して治療します。

http://kotobank.jp/word/蜂巣炎(蜂窩織炎)より転載

四種混合(DPT-IPV)ワクチン・三種混合(DPT)ワクチン・二種混合(DT)ワクチン

不活化ワクチン+トキソイド
定期接種

予防するVPD

四種混合:ジフテリア(D)、百日せき(P)、破傷風(T)、ポリオの4種類
三種混合:ジフテリア(D)、百日せき(P)、破傷風(T)の3種類
二種混合:ジフテリア(D)、破傷風(T)の2種類

四種混合(DPT-IPV)ワクチンは2012年11月に導入。

接種時期と接種回数

1期:生後3か月から接種できます。3~8週間隔で3回、3回目の約1年後(6か月後から接種可能)に4回目を接種します。
2期:11歳から、DTワクチンを1回接種します。

おすすめの受け方

百日せきは子どもがかかりやすく、かかると症状が重くなりやすいVPDです。特に小さな赤ちゃんがかかると重症化してしまいます。また、大人にも流行していてどこでうつるかわからないため、生後3か月になったらできるだけ早く受けましょう。かかる可能性が低いVPDを予防するBCGやポリオより優先させて早く受けましょう。

スケジュールを立てる時のポイント

1期:生後3か月になったらすぐに1回受け、その後3~8週間隔で2回続けて受けます。ヒブ、小児用肺炎球菌、ロタウイルス、B型肝炎ワクチンなどと同時接種がおすすめです。追加接種も、ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンの追加接種と同時接種ができます。
2期:ジフテリアと破傷風のDTワクチンを11歳になったら受けましょう。

早く免疫をつけて、こわいVPDから子どもを確実に守るために同時接種は欠かすことのできないものです。同時接種が安全であることは、世界の何億以上の子どもたちが受けてきていることからも、世界の常識であり、日本でも確認されています。接種年齢になっていれば、何本でも受けられます。米国では、生後2か月の時は6種類も受けています。

日本も海外と同じく小学生高学年以上の年長者の百日せき患者が急増しています。このため乳児期発症を防ぐために生後3か月での接種がおすすめです。さらに海外では多くの国が就学前と二種混合(DT)ワクチンの接種時期に三種混合ワクチンの追加接種をするスケジュールに変更になっています。ここにもワクチンギャップが存在し、日本ではまだ多くの人が百日せき発症の危険にさらされています。現在使われている三種混合(DPT)ワクチンを年長者に接種することも可能ですが、これは任意接種になります。どうしても心配な場合にはかかりつけの先生と相談しましょう。

2012年11月の四種混合ワクチン導入後は、接種方法をかかりつけ医に確認しましょう。

副反応

接種したところが赤くはれたり、しこりになったりする場合があります。回数を重ねるごとにはれることが少し多くなりますが、ほとんどは問題になるほどまでにはなりません。
まれに腕全体がはれたりしますが、その時はかかりつけ医を受診してください。

(http://www.know-vpd.jp/children/va_dpt.htmより転載)

成人用肺炎球菌ワクチン

成人用肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌感染症とは

肺炎球菌はのどや鼻にいる細菌で、肺炎や中耳炎などを起こします。5歳以下の子どもでは、脳を包む髄膜に付く細菌性髄膜炎や血液の中にこの菌が入る敗血症・菌血症などの重症感染症を起こす重大な細菌です。
成人、特に高齢者では細菌性肺炎の原因の多くを占めて、大変問題になります。抗菌薬(抗生物質)が効かない耐性菌が多く、予防が望まれております。

肺炎球菌感染症予防ワクチン
肺炎球菌感染症のワクチンは、小児用肺炎球菌ワクチン「プレベナー」と成人用球菌ワクチン「ニューモバックスNP」があります。

成人用(主として)の肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)
肺炎球菌は約90種類に分類されます。その中でも成人で病気を引き起こしやすい23種類の菌の成分を含んだものがニューモバックスNPです。このワクチンは多糖体ワクチン(ポリサッカライドワクチンやPVとも言います)に分類されるワクチンで、2歳未満の子どもには免疫を付けることはできません。2歳以上の子どもでも、このワクチンを受けることが勧められているのは、脾臓がない無脾症などなどのこの菌に大変かかりやすい方だけです。このような方は小児科医とご相談下さい。

接種回数など
注射を2回受けます。世界中で、日本だけは2回目の接種部位の局所反応が強いという非常に古いデータを理由に再接種が禁止されていました。しかし初回から5年して2回目を接種すれば接種部位の局所反応も強く無いという世界中での事実から、2009年10月より再接種がやっと許可になりましたので、初回接種から5年過ぎましたら、2回目の接種を受けてください。
子どもだけでなく成人に対しても、日本と世界の予防に関する常識の違いです。(参考:日本の常識は世界の非常識)

ワクチンの効果と安全性
このワクチンは、2歳以上の免疫の弱い子どもの肺炎球菌感染症予防と高齢者の肺炎予防に有効です。しかし、少なくともはしかなどのワクチンのように効果がドラマティックではないので、時にその効果が疑問視されます。しかし、WHO(世界保健機関)では、正確に調査すると、少なくとも2回接種した人には有効と認めています。
1人でも多くの高齢者を肺炎から予防することを目的として接種費用の補助をする自治体が増えています。高齢者の肺炎は、インフルエンザ(季節性および新型インフルエンザ)の合併症として、死亡の原因にもなりますので、“新型インフルエンザ”対策としても重要です。 副作用はワクチンを受けたところの赤みなどの局所反応だけで、大きな問題はないとされています。

小児用肺炎球菌ワクチンの高齢者への予防効果
小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー)は、子どもの肺炎球菌感染症の予防だけでなく、間接的な効果として、高齢者の肺炎球菌感染症予防に効果的なことがわかっています。多くの子どもにこのプレベナーを接種すると、肺炎球菌感染症の感染機会が減少し、結果的に高齢者の重い肺炎球菌感染症(主に肺炎)が減ります。
そのために、WHOも子どもでのプレベナーの接種率を上げることを推奨しています。また、米国では子どもだけでなく成人にも、プレベナーの改良型(現在のワクチンを、7種類から13種類の肺炎球菌に効果を増やしたもの:PCV13)が発売になっています。日本では治験をしているところです。

(http://www.know-vpd.jp/vc/vc_nw_haienkyukin_adlt.htmより転載)

暑い夏 水は上手に飲もう!

目標!1日約1リットル


一般的に、健康的な水の飲み方として推奨されているのが、「3・3・3摂取法」だ。

1日3回300ml(1回につき)の水を3分かけて飲む

水分補給は、このルールにのっとって「少しずつゆっくりと」を心がけよう!
最近の人は水を飲む量が少ないと言われているが、この程度の水分は、普段から意識的にとりたい。

■スポーツや、お風呂の前後には?

特に暑〜い夏、ドッと汗をかくと、どうしても飲む水の量は増えてしまう。昔の運動部では「水を飲むとバテる!」なんて言ったものだが、まったく逆!脱水症状の心配もあるので、水分は積極的にとろう。
ただし、 喉が渇いたからといって、ガブ飲みするのは避けた方がいい。というのも、汗をかいた後の身体は、水分だけでなくミネラル分も失われている。ここに、水分だけ大量に供給すると、体液中のミネラル濃度が薄くなってしまうのだ。

スポーツ飲料なら、ガブ飲みも大丈夫?
身体から失われるミネラルを補ったスポーツ飲料。特に激しいスポーツ後や、大量の汗をかいたときには、効率的な飲料として優れている。
しかし注意したいのは、スポーツ飲料にも、かなりのカロリーがあるということだ。サッカーやバスケットボールなどの激しい運動や、キツイ肉体労働を行うならともかく、1日20分のウォーキングをする程度なら、水だけでも十分だ。

(http://www.health.ne.jp/library/3000/w3000484.htmlより転載)

花粉症 病院で治療するメリット

花粉情報http://tenki.jp/pollen/

花粉症は、人によって原因となる花粉や症状の出方、重症度が違います。また、症状によって日常生活のどのようなことに影響するかも人それぞれです。

病院では、お医者さんがあなたの花粉症の原因になっている花粉を診断し、また症状の出方や重症度に基づいて数種類ある飲み薬や点鼻薬などのなかから最適な薬を選び、適切に組み合わせて処方してくれます。また、症状を軽くするために、あなたに適したセルフケアなどのアドバイスをしてくれることもあるでしょう。このように、病院ではあなたに合った最適な治療を受けることができるのです。

薬には、市販薬、病院で処方される薬のどちらであっても、少なからず副作用があります。でも、病院ではお医者さんがその副作用による影響も考えて、あなたに適した薬を選んでくれるので、より安心して治療を進めることができます。また、定期的に診察を受けていれば、自分の症状や薬について気になることがあったときにお医者さんに相談したり、治療の見直しができる場合もあります。

そうはいっても、いざ病院へ行くとなると、近くの病院を探したり、定期的な通院が必要であったりと、ある程度手間がかかることも事実です。「薬店で市販薬を買った方が手軽」と感じることもあると思います。したがって、市販薬を購入する前には、自分の症状を薬剤師さんに相談することが重要です。また、病院で市販薬のアドバイスを受けることで、治療期間や治療費の節約につながる場合もあります。(http://www.allergy-i.jp/kafun/kafun-soudan/merit.htmlより転載)
ブログ内検索
プロフィール

miyoshiiin

Author:miyoshiiin
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-23-47 
予約 03-5337-9871
FAX 03-5337-9861
http://miyoshiiin.com

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。